ロレックス 修理

MENU

ロレックスを修理して長く愛用するために

 

大切なロレックスを長く愛用するなら、「壊れたら修理をする」のではなく「定期的なメンテナンス」が必要です。定期的なメンテナンスとは、修理が必要になる前にオーバーホールという時計の点検に出すことです。

 

時計修理 画像

 

オーバーホールはメーカー正規代理店や時計修理専門店で依頼をすることが出来ます。ロレックスを長く愛用するために3年に1度オーバーホールを時計修理専門店やメーカーへ依頼している方は時計を大切にするオーナーと言われています。時計はいくら頑丈に出来ていると言っても所詮消耗品ですから、修理やオーバーホールが必要になる時があります。そこでオーバーホールやメンテナンスを怠ると故障や破損などのトラブルが起こり、高額な修理が必要になってくるのはよくある話。

 

時計イメージ 画像

もしこれから時計を長く愛用していきたいと考えているのなら必ず定期的なメンテナンスと修理を行うようにしましょう。また、修理・オーバーホールはロレックスメーカー正規代理店ではなくとも格安で依頼をすることが出来ます。ご自身の希望に合った修理方法、修理店選びをしてみてくださいね。

ロレックスの修理は専門店へ|正規店で無くとも大丈夫

 

ロレックスの修理、高額で中々出す機会がないと悩んでいる方も多いでしょう。
修理に出したのに、3年で壊れてしまって保証も聞かず再度高額な修理が必要になったという愛用者の体験談もあります。そこで、ロレックス修理依頼は時計修理専門店をおすすめします。

 

建物イメージ 画像

 

ロレックスの修理は正規店でなくとも大丈夫なのです。
修理やオーバーホールを専門とする業者では高い技術での修理が不可能だと思っていませんか?こういった業者では、しっかりと1級時計技師の資格を持つプロのベテラン時計技師たちが修理を行っているほか、メーカーのように高額な修理費用は必要ないことが特徴です。

 

評判イメージ 画像

信頼できる時計修理専門店業者を選ぶにはまず評判をチェックしましょう。メーカー正規代理店では高技術な修理をしてくれます。ですが、信頼に値しない業者へ修理を依頼すると全くあてにならない修理をされてしまうことも。「安いから」「気軽に依頼で切るから」そのような理由で時計修理専門店を選ぶ方も多いでしょう。こういった選び方をすると失敗する可能性もあるので出来るだけ評判や魅力をチェックして時計修理専門店を選ぶようにしましょう。

ロレックスでよくある修理事例

 

まず、どういった故障や不具合が起こるのか?
トラブル事例を確認することでどういった修理が必要になるかわかります。

時計が止まってしまう

直しても直してもすぐに時計が止まってしまう原因は軽度の不具合であれば油の劣化や乾燥が原因。放置したまま使い続けると歯車の摩擦が進行してパーツ焼き付きを起こします。そこで、潤滑油を指しなおしたり摩擦したパーツは交換をします。安くて1万円くらいで済みますし、オーバーホールの基本メニューで済むことも。

急に動かなくなってしまった

たびたびではなく、急に時計が動かなくなった場合はゼンマイ切れや輪列異常、強くぶつけた衝撃で止まるなどの原因があります。そこで、ゼンマイの交換やその他パーツ交換が必要となりますがオーバーホール作業は必須です。

時計の中からカタカタと音がする

内部でカタカタと変な音がしている場合、ネジが緩みはずれていたりルビーが割れているなどの原因が考えられます。そこで、ルビー交換やネジのゆるみを解消する必要が。箇所によっては入手困難な部品もあるので、メーカー正規点でしか手に入らないこともありますが、特製部品を作成できる修理店なら可能です。

ロレックスの修理でよくある理由

ロレックスの修理でよくある理由としては以下の4点が多いといわれています。

  • 【理由1】プレゼントされた思い出のロレックスを修理して長く愛用したい
  • 【理由2】部品の調子が悪くなったので修理したい
  • 【理由3】安く修理したい
  • 【理由4】保証書が無い、購入した店が無い、どこに修理出せばいいのか?

それぞれ理由は違えどどれも当事者にとっては悩みのつきない理由です。では、それぞれを詳しく見ていきましょう。

【理由1】プレゼントされた思い出のロレックスを修理して長く愛用したい

故障 画像

大切な人からプレゼントされた思い出のロレックスであれば長く愛用したいと思いますよね?ですが長く愛用するためには定期的に修理をする必要があるんです。ロレックスに限らず高級時計においては長い期間、修理を怠ってしまうとあっという間に錆びついて時を止めてしまうことになります。逆に言えばロレックスのような高級腕時計の場合は一生ものとしてずっと使い続けることができるのでぜひ定期的な修理を心掛けてみることが大切なんです。

プレゼントで頂いたロレックスによくある修理理由って?

ロレックスの腕時計は全ての部品が高い品質で耐久性が優れているため思っている以上に強固で頑丈です。ですが、故に少なからずの人が定期的な修理を怠る傾向にあります。プレゼントとして譲り受けたロレックスの場合だと、新品を除いてはケース内部の状態が分からないので状態を見極めるのは困難です。とはいえ、そのまま放置しておいては様々な故障トラブルに見舞われることになるのでこれからお伝えするよくある症状を参考していただけたらと思います。

時計が止まる

ロレックスの修理が求められる理由で一番多いのが時計が止まるという症状です。そこで最初に疑うのが潤滑油の劣化で多くの原因が乾燥によるものです。この潤滑油の劣化をそのまま無視して使い続けてしまうと部品の摩耗によるダメージが大きくなってそれに関与するパーツにまで傷を付けてしまうことになります。ここまでダメージが進行してしまうと修理の費用も高くなるのでその前にオーバーホールに出しておきたいところです。見極める方法としては時々止まると感じたらすぐにオーバーホールを含んだ修理をすることで改善できます。

極端に時間の遅れ、進みが発生する

時間の大きな遅れや進みの現れは時間が止まる症状の次に多くみられる修理の理由と言われています。時間の遅れや進みの原因として考えられるのが時計の心臓部に当たるテンプにあるヒゲの故障によるものです。また、磁気帯びが影響していることもあります。これらの修理については磁気抜きかオーバーホールによるメンテナンスによって直ります。

リューズでゼンマイが巻けない

通常の場合はリューズを回転させて巻く時に「カリカリ」という感触があるのですが、それが見られないとゼンマイが切れている可能性が高いです。また、リューズが動かないといった状態も修理が必要になりどちらも部品の交換が必要になります。この症状は部品の交換かオーバーホールによるメンテナンスによって直すことができます。

時計内部から異音がする

時計の内部から「カタカタ」と異音がする場合は強い衝撃を与えたことによってどこかの部品が外れてしまった時に多く見られる症状です。また、部品の劣化によっても外れることもあります。この症状の場合だとオーバーホールによるメンテナンスを行うことを前提で部品交換を見込んで純正部品取り扱いの時計修理店を探してください。

修理のタイミングとしては3〜4年とされていますが、中古のロレックスをプレゼントとして譲り受けたならずっと使っていない状態だとすると時計内部の状態は悪い可能性が高いです。いずれにせよ、今回お伝えした症状が見られた時にはすぐに修理をしてもらってロレックスの寿命を縮めてしまわないようにしてくださいね。

 

 

【理由2】部品の調子が悪くなったので修理したい

故障 画像

大切なロレックスの部品が故障によって調子が悪くなるときもありますよね?部品の故障によって引き起こす症状としては「動かなくなった」、「時間の大きなズレ」など様々ですがなるべく早く修理をすることが長く愛用するためには得策です。もし、内部の状態が良くたったひとつだけの部品のみが故障していた場合はオーバーホールや故障した箇所に関わる部品に損傷が見られないとなると簡単な修理で済むからです。高級時計のロレックスだとオーバーホールを含む複数の部品交換が必要となった時には状態によっては10万円以上も費用が掛かってしまうことがありますからね。ですので、少しでも部品の調子が悪かったと感じた場合はすぐに修理を検討してくださいね。

部品の修理をする時の注意点

部品の修理についてですが、男性の場合だとなんとか自力で直したいと考えられる方がおられるかもしれません。ですが私の経験上、時計修理の専門家におまかせしたほうが絶対に良いです。自力で時計を分解しようと思っても専門の工具一式が必要になってきますし、部品は水気が苦手としているので手汗や何も対策がなされていない部屋で作業をするのは大変危険です。また、部品は破損・紛失しやすいのでそうなってしまうとさらに高い修理費用が必要になってきてしまいます。ですので、部品の修理を自力ではやろうとはせず国家資格を持った専門家にお願いするようにしてくださいね。

修理とオーバーホールの違いとは?

修理とオーバーホールは一見同じように思えるのでひとつにまとめがちですが根本的に大きく違います。修理というのは具体的な故障部分がはっきり目に見えて行う作業、部品交換を意味します。一方、オーバーホールは定期的に時計を分解して修理をする必要があるのかどうかを点検し洗浄、注油、防水チェック、時間調整などの総合的なメンテナンス作業になります。特にロレックスなどの高級時計においてはそうですが、修理とオーバーホールはセットで行うことが一般的となっていて切り離しては考えられません。ロレックスの修理正規店に限らず時計修理専門店も考え方は同じですのでそれを踏まえ、部品の修理をどこへ依頼するかを決めるというのが一般的な流れになります。

部品の修理はどこへ依頼すればよいのか?

ロレックスの部品を修理する依頼先は以下3つのどれかです。

  1. 購入店
  2. 日本ロレックス
  3. 時計修理専門店

購入店の場合だとロレックスを並行輸入品買った時に割引特典などが用意している事があると多いので、この特典を利用したほうがお得に修理・オーバーホールをすることができます。日本ロレックスについては正規の修理先ということになるので一番確実だし安心感もダントツに高いです。最後の時計修理専門店ですがロレックスの取り扱いが明記されていれば純正部品を用いて高い技術で修理をしてもらえます。部品の修理はオーバーホールによる総合的なメンテナンスとは切り離せないものなので予算は必然と高くなってしまいます。ですので、大切なロレックスを預けられる信頼性と予算に合う依頼先はどこなのか?この2つを満たしてくれる修理店を探すようにしてくださいね。

 

 

【理由3】安く修理したい

安値 画像

ロレックスの修理は慣れない人にとっては想像以上に「お?」と感じる金額になりがちです。そのため「極力安く済ませたい」という方も多くいらっしゃいます。ロレックスは高級腕時計ということもあり、オーバーホールのメンテナンスに掛かる高い技術費用がネックとなってきます。さらに、部品交換も必要となってくると何も考えずに修理を出してしまうと料金は相当な額に達してしまうでしょう。ですので、ここからは費用が高額になってしまうパターンをお伝えしていきますのでそうならないよう注意してください。

 

ロレックスの修理が高額になってしまうパターン その1

・依頼先が購入店
購入店で購入した際に割引特典が付いていなかった場合は修理依頼すると費用が高くなることがあります。というのも、購入店で依頼をしたとしても結局どこかの業者へ修理に出すことになり別途で5000円〜15000円の取次手数料が余分に支払うことになるからです。それなら直接こちらで修理依頼をしたほうが早いし安くできます。注意点としては購入先がロレックスの正規店でしたら必然的に日本ロレックスへ修理を依頼することになるので心配いりませんが、それ以外の業者の場合だと出荷した先が純正部品を取り扱っていない可能性があります。ですので、購入先に修理を依頼する場合は必ず事前に正規である日本ロレックスに出荷するかどうかを確かめてください。

ロレックスの修理が高額になってしまうパターン その2

・依頼先が日本ロレックス
修理の依頼先が正規店である日本ロレックスの場合だとかなり高額になります。日本ロレックスは正規店なので安心という利点はありますがオーバーホールに加えて高い確率で多くの部品交換を求められることになります。日本ロレックスの方針としては一生ものとして長く使ってもいたいというのが根本にあるので理解はできます。ですが、必要以上に交換を求められて予算オーバーになってしまったら本末転倒です。特に10年以上もオーバーホールなどのメンテナンス作業をしていない場合は要注意で修理だけで10万以上掛かってしまうことはよくあります。なお、日本ロレックスは全国各所にあるので持ち込みすることで郵送分を安くすることができます。

ロレックスの修理が高額になってしまうパターン その3

・予算オーバー
オーバーホール及び修理に掛かる料金が予算オーバーしてしまうと依頼できないことを意味するのでキャンセル料金が発生してしまいます。時計を分解して細部まで点検した後に再度組み直して返送することになるのでそれら込みの手数料は当然支払わなくてはいけません。予算オーバーという最悪の事態を避けるためにはロレックスだと10万円以上もしくはそれ以上の余裕を持ったお金の準備はしておきたいところです。

 

以上、「ロレックスの修理が高額になってしまうパターン」の3つをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?正規店でもある日本ロレックスに修理依頼をする場合は正規代理店を介入せず、取次ぎ手数料は発生しない方法として直接依頼することをおすすめします。なお、当サイトでは日本ロレックスよりも2万円以上安く同等の高い技術で修理を施してくれるおすすめの時計修理専門店を紹介していますのでそちらも参考にしてみてください。

 

→【参考】おすすめの時計修理専門店はこちら

 

 

保証書が無い、購入した店が無い、どこに修理出せばいいのか?

書類 画像

ロレックスの保証書が無い、もしくはプレゼントとして受け取ったので購入した店が無い場合どこに修理を出せばいいのでしょうか?ロレックスの保証書は本物だという証明書のようなものなので修理を依頼しようした時に無かったら焦りますよね。あと大切な人からプレゼントして頂いたものだと購入した店が分からないのでどこに修理を出したらいいのか分からないのでこちらもどうしたら良いのか慌ててしまいます。ですが、安心してください。どちらも特に心配することは全く無く修理に出す事が出来ます。では、どのような手順で修理を出せばいいのでしょう?その具体的な説明を今からしていきます。

ロレックスの保証書が無い場合の対処方法

ロレックスの保証書の意味合いとしては本物かどうかという観点でいうと大いにあるかもしれませんが、修理・オーバーホールなどのサービスとなると存在価値はあまりありません。保証書の効果として大きく発揮するのは保証期間内での故障です。その保障期間内に故障してしまい保証内容に適した故障であれば、保証書の掲示によって交換部品代、修理代が無料等のサービスを受けられます。ですが、保障期間を過ぎている場合には保証書の有無は関係ありません。なお、ロレックスが本物かどうかは時計修理の国家資格を持った技術士が見ればすぐに判ります。逆に保証書が無いと修理してくれないのであればロレックスを取り扱う技術が無いと思ったほうがいいでしょう。ですので、保証書が無いからといって修理をしてもらえないということはありえません。

 

次に購入した店が無い場合の対処方法を説明していきますが、その後にどこへ修理に出したらいいのかを解説していきます。

 

購入した店が無い場合の対処方法

大切な人からプレゼントという形で譲り受けた場合、購入した店を相手に聞くのも失礼な気もするのでなかなか言えないですよね。ですが、購入した店で特別な修理割引特典などが用意していないのであれば特に固執する必要はありません。購入した店に修理依頼を出したとしても修理業者へ委託するので買った店がどうとかは関係ありません。そこではなくて信頼できる時計修理店に依頼するかどうかが重要なんです。

信頼できる時計修理専門店はどこ?

信頼できると時計修理専門店いえば正規である日本ロレックスが最初に上げられます。ですが、口コミによると余計な部品交換が強要されて修理費が高額になってしまったという不満の声が多数見かけるので個人的にはあまりおすすめしません。それよりも日本ロレックスと同じ品質で仕上げてくれる高い技術を持ったスタッフがいる時計修理専門店の 【千年堂】に修理依頼をすることをおすすめします。千年堂を推す理由は純正品を取り扱っているにも関わらず正規店よりも2万以上安いという点と、年間累計3万件以上の実績があるからです。さらに、千年堂オリジナルのクリーニングを無料で施してくれるので新品のような仕上がりで手元に帰ってきます。あと見積もりが無料だったり詳細に書かれている項目からこちらが選んで修理依頼が出来るという点も評価できます。

納得のいくお店を見つけましょう

保証書の有無や購入した店が無くても大切なのは信頼できる時計修理専門店へ修理に出すことです。あと日本ロレックスへの依頼する場合はオーバーホールの期間が5年以上になると割高になる傾向にあるので予算オーバーにならないように注意する必要があります。個人的には千年堂がおすすめですが時計修理専門店は私の知る限り15社以上はあるので実際に色々と調べてみてあなたの納得のいくお店を見つけてください。

 

また、続けて「よくある修理事例」も以下でご紹介いたします。

大事な時計を長く愛用するために大切なこと

 

 

安心時計イメージ 画像

 

修理が必要になったら直す?故障したらメーカーへ持っていく?
そんなことばかりしていたら、お金がいくらあっても足りません。

メーカー正規代理店へ修理依頼をしたらなんと見積もりだけでも19万円は必要だと言われた、そこで、修理依頼をした際更に部品交換が必要となりプラスして金額が必要となった。

こういった話はよくある話です。
壊れ方によってはそういった高額修理になってしまう可能性だってあります。そこで、パーツ交換を減らすためにも定期的なオーバーホールやメンテナンスが必要になってきます。「出来るだけ低い維持費で使い続ける」ほうが、修理にかかる高額な費用よりも安く長く愛用することができるのです。

 

大切な時計を長く愛用するために必要なことを3点まとめておきます。

  1. 壊れるような扱い方、落としてしまったり破損するような使い方をしない。
  2. 都度、「おかしい音がしていないか、ズレていないか」チェックする。
  3. 定期的なオーバーホールを行い、パーツ交換の必要が無いようにしておく。

以上3点を意識して、大切なロレックスを長く愛用していきましょう。

ロレックス時計修理ドットコムが推奨するロレックスの時計修理専門業者