日本ロレックスでのオーバーホールはお得?それとも時計修理専門店がお得?

日本ロレックスのオーバーホールについてはこちら!

日本ロレックスのオーバーホールについて
ここでは詳しくご紹介していきます。

日本ロレックスと言えば正規メーカーとして
腕時計の修理、オーバーホールに関して絶対的な
信頼と安心感があります。

ですが、その反面「余計な基本料金で収まった
試しがない」、「余計な部品交換を求められる」、
といった批判の声も多くあるようです。

でも、中には日本ロレックスはオーバーホールの
基本料金には歯車などの消耗品的な内部部品も
含まれているからトータル的に見た場合は安いのでは?
という意見も・・・。

一方の一般の時計修理店は部品交換は全て
任意で選択ができてしかも綿密なやり取りが
可能でサポートも充実している。

そしてなによりも安い!と評判は上々です。

なので正規の日本ロレックスと一般の時計修理店
どっちが最適なのかが誰しも気になるところだと
思います。

なのでこれからオーバーホールを依頼するなら
正規と時計修理専門店のどちらが最適なのかを
しっかりお伝えできたらなと思います。

まずは、正規の日本ロレックスと一般の時計修理店の
料金とサービスの違いについて説明していきます。

日本ロレックスと時計修理専門店の違いとは?

まずは日本ロレックスでオーバーホールを
依頼した時の料金は「5万円」です。

5万円という試算はロレックスの種類おおむね
問わずで、購入してからオーバーホールするまでの
期間を3年とした場合と仮定します。

あと3年からプラス1年で1万円+α(消耗部品)が
経験則ではありますが加算されていく感じがします。

なお、オーバーホール料金には研磨や部品交換
など全て含まれますがその詳細については
定かではありません。

ですが、正規なので信頼するしかないでしょう。

また、予算オーバーとなった場合は依頼を
断ることになるのでキャンセル料が発生します。

キャンセル料を見込んで依頼する場合は百貨店などで
依頼すると取次手数料(5千~1万円程)も余計に
取られるので修理工場へ持ち込みするか自己負担で
郵送したほうがコスト的には安くなります。

一方の時計修理専門店はオーバーホール料金は
「約3万円」となります。

この場合も購入してから3年と仮定した時です。

優良な時計修理専門店の場合だと見積もりを
確認してから研磨や部品交換などを全て任意で
決定します。

なので予算オーバーという事態はありえないと
言えます。

ちなみにピカピカ仕上げを無料でサービスしてくれる
時計修理専門店もあります。

また、キャンセルした場合でももどってきた
腕時計の代引き費用として500円程掛かるだけ
なので正規と比べると数千円のリスク分散が
できます。

まとめ

正規の日本ロレックスについてはオーバーホールに
含まれる部品交換の詳細が不透明な点があるため、
一概にどっちがお得なのかは判断が難しいです。

正規の日本ロレックスも一般の時計修理店も
一長一短だと思いますが、予算オーバーという
概念が無いお金持ちの方は日本ロレックス一択で
問題無いと思います。

ですが、個人的には品質と安さが重視なので
オーバーホールを手掛ける人が同じ経験豊富な
時計技師さんと前提とするなら信頼できる
時計修理専門店を探して依頼します。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ