ロレックスをオーバーホールした時の値段はいくら?

ロレックスのオーバーホール値段はいくら?

「普段から使用しているロレックスの動きが
最近鈍くなってきた!」

そんな時に必須となるのがオーバーホールです。

だけどロレックスのオーバーホールって値段が
高額になりそうだからいくらか気になりますよね?

そこで、今回はロレックスをオーバーホールした時に
値段はいくらぐらいするのかをお伝えしていきます。

あと、ロレックスを安心でお得にオーバーホール
できる一般の時計修理店の特徴もお伝えしますね。

 

正規メーカーでのオーバーホールの値段は?

正規メーカーとなる日本ロレックスへオーバーホールを
依頼すると種類やメンテナンス期間にもよりますが
おおよその値段は5万円ほど掛かります。

オーバーホールの推奨となる期間は3年と言われて
いるのでそう考えると維持費としては結構掛かりますね。

また、5万円というのはあくまでオーバーホールに
掛かる推定の値段なのでそれ以外の研磨や部品交換
などを含めると6~8万円ほどするかもしれません。

あとこれは個人的な試算方法になりますが、
オーバーホールの期間が3年だと5万円で、
プラス1年で1万円ずつ増えていきプラス1年が
加算されるごとに余計に部品交換として5000円
掛かる費用のリスクが確率的に高くなるといった
感じになります。

つまり定期的に3年に1度のオーバーホールを
することによって加算される費用のリスクを
回避することが出来ることになります。

次に一般の時計修理店についてお伝えします。

 

一般の時計修理店でのオーバーホールの値段

ロレックスを一般の時計修理店へオーバーホールを
依頼した場合はおおよそ3万円ほどで仕上げてくれます。

正規の日本ロレックスと比べると2万円以上は
安く予算を抑えられるということになりますね。

安くなる理由は取次手数料が掛からなかったり
大量に発注することによってボリュームディスカウントを
図ることができるからです。

とはいえ、優良店なのかどうかしっかりした
目利きが必要となってきます。

非純正部品でしかも品質が悪いとなるとロレックスの
価値を下げることにもなりますからね。

あと、あまりにも修理が粗悪だとトラブルへと
発展しかねないので注意してください。

なので一般の時計修理店の選び方は重要です。

優良店を見極めるポイントとしては「実績」、
「経験豊富な時計技師」、「修理保証」を十分に
満たしているかどうかです。

 

オーバーホールの推奨期間とは?

一般的にオーバーホールの推奨とされている期間は
3年と言われています。

要望が通りにくい正規でオーバーホールを
依頼する場合は部品交換のリスクが高まるので
3年というのは納得できます。

ですが、一般の時計修理店の場合はいくらなんでも
サイクルが短すぎなんじゃないかなあと思います。

個人的には普段使いして、進み、遅れが目立つ、
リューズが重い、そんな時のオーバーホールで
十分ではないかと思います。

かといって 10年待つかと言われると絶対とは
言えませんが感覚的に6~8年は大丈夫だと思います。

ともかく、最後のここまで読んでくれたあなたには
大切なロレックスをいつまでも壊れること無く時を
刻んでもらいたいと思うので重要なオーバーホール
について参考になれば幸いです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ