ロレックスのオーバーホールに掛かる料金はいくら?正規店と時計修理専門店の違い。

ロレックスのオーバーホールに掛かる料金について

「大切に使っていたロレックスが最近調子が
悪くなってきたからオーバーホールしたいけど
料金はいくらぐらいなんだろう?」

そんなあなたの為に今回の記事ではいくつか
アドバイスをしていこうと思います。

まず、ロレックスをオーバーホールを依頼
しようとする時にいくつか選択肢があります。

その選択肢は以下の3つです。

  1. 正規店に依頼する
  2. 非正規店に依頼する
  3. 近くの時計工房に依頼する

これらの選択肢によって費用や仕上がりは
全く違ってきます。

さらに、ロレックスの種類によってもオーバーホールの
費用は大きく変わってきます。

ロレックスを一生使い続けていきたいというならば
正規の日本ロレックスにオーバーホールを依頼する
といいと思います。

ただし、すぐに換金をされるのであれば2と3でも
大丈夫だと思います。

昨今はロレックスの商取引で金の取り扱いに
準じているので並行輸入品のデイトナなどは
新しければ新しいほど高価格で買い取りして
くれます。

状態の良いG番であれば130万ほどの値がついたり
します。

シードゥラーでも100万の値を超えるかも
しれません。

ディープシーでしたら120万の買取価格で
買い取ってくれることもあります。

オーバーホールの金額は?

さて、オーバーホールの料金についてですが、
1、の正規の日本ロレックスの場合だとデイトナで
12万の予算は見ておいたほうがいいかもしれません。

デイトジャストの場合だと7万くらいだと思います。

また、オーバーホールの推奨期間は3年と言われていて
もし5年、10年と期間が開いている場合はもっと料金は
高くなるかもしれません。

そう考えるともしかしたら中古品を買うのと
同じぐらいの見積もりを出される可能性があります。

ともあれ日本ロレックスでオーバーホールを頼むと
維持費がかなり掛かって大変ですね。

あと2と3は汎用部品を使う場合が多いので
それが嫌なら純正部品を扱っている修理店
かどうかを見極める必要が出てきます。

汎用部品を使われると今後日本ロレックスで
修理を依頼するときに断られることが出てくる
からです。

なので純正部品を取り扱っているかどうかは
かなり重要なポイントなので慎重に選んでください。

なお、今では純正部品は入手ルートを持っている
時計修理専門店は結構あるので必ずしも正規の
日本ロレックスで修理依頼をする必要はないと
感じます。

個人的にはロレックスのオーバーホールをするなら
池袋に本店がある「千年堂」がアリだと思いますよ。

正規の料金よりもおおよそ35%の割引率で仕上げて
くれます。

しかも1年間の保証付きですしね。

経験豊富な一流の時計技師さんは日本全国に
たくさんいるのであとはあなた次第です。

最後に

ロレックスの修理依頼をする時に真っ先に
浮かぶのが正規の日本ロレックスだと思います。

ですが、今では前途お伝えした通り純正部品の
入手ルートを確保している時計修理専門店はあります。

ロレックスの維持費はバカにならないので
同じ経験豊富な時計技師さんが手掛けるなら
少しでも安くお得に仕上げてくれる時計修理店を
見つけることのほうが大事だし賢いやり方だと言えます。

1回オーバーホールを頼んでみれば品質や
仕上がりの良さを図ることができます。

そしたら次回のオーバーホールの時は同じ
修理店に安心して任せられますよ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ