アンティークのロレックスを安心して修理の依頼ができるお店とは?

アンティークのロレックスを修理するためにするべきこと

「貴重で大切なアンティークのロレックスを
いつもお世話になっていた時計店に修理の
依頼をしようと持って行ったらつぶれて無くなっていた!」

こんな悩みにあなたは遭遇していませんか?

高級腕時計やアンティークの腕時計をしっかり
修理してくれる良心的な時計屋さんは意外と
生計が難しいそうです。

なので昔からお世話になっていた時計屋さん
が突然無くなっていたということは実際によくある
そうですよ。

ですが大切なアイティークのロレックス腕時計を
壊れたまま放置しておくとあっという間にサビついて
動かなくなり修復が困難になってしまいます。

なので一刻も早く最善の一手を取ってください。

― アンティークのロレックスが壊れた時の対処法

アンティークのロレックスを修理に出す時の
選択肢としては以下の2つがあります。

1、正規メーカーの日本ロレックス社へ修理を依頼する。

2、時計修理専門店へ修理を依頼する。

正規メーカーの日本ロレックス社なら
アンティークであっても部品が無いということは
ほぼありませんし何よりも本物という安心感があります。

時計修理専門店への修理依頼についてですが、
今ではロレックスのアンティークを高い技術で
修理・メンテナンスを行ってくれる優良店は
たくさん存在しています。

なのでお金のリスクを少しでも下げたいのであれば
時計修理専門店がおすすめです。

― 修理を依頼する時の手順と注意点

アンティークのロレックスが故障した時の
対処法について前途お伝えしましたが、
ここでは修理に出す際の注意点をお伝えします。

正規メーカーの日本ロレックス社へ依頼する場合

購入した正規取り扱いのお店や百貨店へ修理依頼をするか、
もしくは日本ロレックス社へ持ち込みか郵送をして依頼する
という形になります。

郵送した後は数週間後に見積もりを出してもらってから
修理をするか否かという選択になります。

そこで注意点ですが正規の百貨店などの
場合だと全国一律ではないと思いますが
仲介料として15000円ほど余分に取られる
ところもあるようです。

なので日本ロレックス社へ直接持ち込みをするか
郵送したほうがいくらか安く済みます。

時計修理専門店へ依頼する場合

時計修理専門店へ修理を依頼する時の手順は
日本ロレックス社のケースとほぼ同じですが
仲介手数料という概念はありません。

また、時計修理専門店に修理を出す場合に
注意しておきたいポイントは下記の5つの条件が
”含まれていない”ことです。

1、代金が前払い

2、修理保証が無い

3、見積もり書がもらえない

4、高級腕時計及びアンティークの取り扱いが無い

5、見積もり後に依頼をキャンセルしたら手数料が発生する

以上の5つの要素を一つでも該当している
時計修理専門店はおすすめできません。

ちなみに5番目のキャンセル手数料については
正規メーカーの日本ロレックス社は該当しています。

キャンセル料といっても一度分解する作業が
必要になるので技術料と呼ぶのが正しいかもしれません。

キャンセル料については5000円ほどとみて
いいと思います。

それに加えて送った時の郵送料と腕時計の返送料は
別途掛かります。
※日本ロレックスの場合

あくまで正規ではない時計修理専門店の
見積もり書を見て納得できなかった場合に
リスクが生じることがあるため5番目の条件を
加えました。

また、逆に5つの要素を全て当てはまらないのであれば
その時計修理専門店は優良店ということを意味するので
修理を依頼する際には検討してみてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ