ロレックス「デイトナ」の時計を修理したいのに断られたら?どうやって修理をするか?

ロレックスデイトナの修理を断られたケース

「日本ロレックスにデイトナの修理を依頼したら断れてしまった!」

こういったケースはたまにあるので困りものです・・。

私の知る限りだとデイトナ6263が修理を断られたという話を聞いたことがあります。

あなたは大丈夫でしょうか?

なぜ正規の日本ロレックスでも修理を断られてしまうのか?

メーカー正規でもある日本ロレックスで修理を断られてしまう理由は部品交換
の際、部品が古くて調達が不可能と判断されてしまったときです。

メーカー側の姿勢は部品は全て正規で本物でなければならないという理念があ
って部品が調達できないとなれば修理自体を断ることが誠実だということが絶
対的と考えているみたいです。

ユーザーからしてみればすごく悩みどころの理念ではありますが・・。

通常だと「今回が最後の修理です」といった前回の修理時に通告を受けること
が多いのですがオーバーホールなどのメンテナンス期間が5年、10年と開いてい
た場合はいきなり修理を断れるということもありえるかもしれません。

また、日本ロレックスは各地域に店舗があるのでほかの店に持ち込めば良いん
じゃないかと思われるかもしれませんが過去の修理に関するデータは本店がし
っかり管理し各店舗で共用しているので同じく断られてしまうでしょう。

このままデイトナを使い続けるしか道が無いのか?

デイトナをそのまま使用し続けるという選択は時計の寿命を縮めることに直結
するので時計の修理を専門とする信頼のおけるお店に依頼してみることをおすすめします。

その中でも1年間で3万本の修理をする実績の高い「千年堂」がおすすめです。

ロレックスやオメガなどの有名な高級腕時計を取り扱っていて経験豊富な時計
技師が100名以上在籍しており、ロレックスに精通したスタッフも多く提携しています。

見積もりは無料ですしキャンセル料も掛かりませんのでデイトナの今の状況を
今すぐ診てもらったほうが安心できると思うんです。

千年堂の見積もりはかなり分かりやすく詳細に書かれていて92%以上の方が
正式発注をしているほど評判が高いです。

部品交換の際はどうしたらいいのか相談にものってくれる
親切な時計修理の専門店なので、不安を無くすためにも
今すぐ見積もりを依頼してみてくださいね。

【ロレックスの修理ならこちら】
⇒ 一流の技術で修理!時計修理の「千年堂」 詳細はコチラ



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ