ロレックスのベルトを修理に出す時に知っておくべき事は?

ロレックスのベルトを修理する場合について

「ロレックスのベルトを損傷してしまったから
修理に出したい!」

そんな時の最善の対処法についてここでは
お伝えしていきます。

ロレックスのベルトを修理したい時にまず最初に
思い浮かぶのが正規メーカーでもある日本ロレックス
ではないでしょうか?

正規でもある日本ロレックスであれば確実に
本物の部品で修理してくれるので安心感は
一番だと思います。

また、部品に関しても30年以内であれば全て
揃っていると思っていいです。

ですが、完璧とも思える正規の日本ロレックス
であっても口コミなどの評判ではあまり良くは
思われていないようです。

その口コミの内容は予算オーバーになりえる
ぐらいものすごく費用が高いということです。

部品の費用については仕方がないにしても
工賃であったり余計な部品を交換しないと
いけないといった逆の要望を言われたりと
その批判の内容は様々でした。

昔であれば正規でしか修理は無理だった
かもしれませんが、今ではグローバル化が
進んでいるので部品は色々な箇所から
集まるようになりました。

なので絶対に日本ロレックスじゃなきゃダメ!
という方以外はほかの時計修理専門店を探すことを
おすすめします。

ちゃんとした優良店なら安心でしかもかなりの
コスト削減が見込めますよ。

 

日本ロレックス以外の優良修理店の探し方

時計修理専門店の優良店についてですが、
前提条件としてロレックスの純正部品を
取り扱っていることです。

純正部品を取り扱っているということは専用の
工具などの設備もしっかりしているということが
言えるので仕上がりについては安心できます。

次に上げられるのが経験豊富な時計技師さんが
揃っていることです。

国家資格でもある1級時計技師の免許を取っていれば
なおいいですが、とにかく時計の修理は経験が
重要だと思っています。

時計修理の経験が豊富であればそれだけ技術は確かだし
時計を愛しているということも言えるからです。

「時計は嫌いだけど時計の修理は得意です!」みたいな
人にはとてもじゃないけど大切な時計を預けられません。

また、経験豊富な時計技師さんかどうかは
見極めが難しいのでそういった場合は”実績”で
判断することができます。

月間及び年間の時計修理の本数や手掛ける依頼先などの
実績を他の修理店と比較すると優位性を見出すことが
できますよ。

 

サポート力も重要です。

細かな見積もりと作業前の綿密な打ち合わせ
などのサポートをしっかりしている修理店だと
こちらの要望が叶いやすくなります。

例えば「このベルトの傷は思い出のある傷だから
残しておいてください」や、「ベルト交換のみで
お願いします」など要望が叶えばそれだけ安く
予算を抑えることができます。

また、サポートがしっかりした修理店は優良店と
言えるし、こういった修理店は修理データをしっかり
取っているので次の修理依頼の時はさらにスムーズに
進むから修理期間の短縮にもなります。

ともあれ、時計修理専門店の優良店を一度見つけて
しまえば次回から修理する時にいちいちメーカーへ
依頼する必要がないので低予算でしかも安心して
任せられます。

なので、ぜひ今後のためにも専門の修理店を候補として
検討してみてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ