ロレックスのベルトを修理するときの最善策とは?

ロレックスのベルトを修理する時の最適な対処法

ロレックスのベルトを修理してもらう時に
最適な対処法についてここではご紹介します。

大切なロレックスのベルト部分をふとした不注意で
壁にぶつけてしまい破損してしまうとあせってしまい
適切に対処できなくなる可能性があります。

ですのでこちらの記事では最善の対策を
お伝えしていきますのでぜひ参考になさってください。

― ロレックスのベルトが破損した場合どうするべきか?

ベルトが破損した時にまず取るべき行動は2つです。

1、正規メーカーの日本ロレックスに修理を依頼する

2、時計修理専門店に修理を依頼する

この2つから選択することになります。

ですが、どちらも一長一短ありますので
これから説明していきますね。

― 正規の日本ロレックスのメリットとデメリット

正規である日本ロレックスに修理を依頼する
メリットはなんといっても安心感です。

部品のメーカー保証期間内なら保証書と一緒に
提示すれば無料で修理が可能なのでまず最初に
検討すべきなのは日本ロレックスとなります。

保証期間外の場合は通常の修理ということに
なるのですが部品は間違いなく本物なので
安心感はダントツに高いです

続いてデメリットです。

日本ロレックスのデメリットはベルトの修理と
一緒にオーバーホールをしないといけないということです。

つまりベルトの修理以外にも45000円(基本料金)の
オーバーホール代金が必要になるということです。

ですので念のため事前にオーバーホールが必要か
否かの判定をするのかどうかを聞いておく必要があります。

予算オーバーになると大変ですからね。

また、購入から3年以上であればオーバーホールを
したほうがいいのでタイミング的に合っていれば
特に気にすることがありません。。

― 時計修理専門店のメリットとデメリット

時計修理専門店のメリットは日本ロレックスにあった
デメリットが発生しないことです。

つまりオーバーホールを強制的に受けなくても
ベルトの修理のみの受け付けをしてくれるということです。

事前に見積もり書を確認しておけば予算オーバーには
絶対にならないのでその点は安心です。

時計修理専門店のデメリットは信頼性が正規の
日本ロレックスよりも劣るところです。

正規ではない分、絶対的な安心感を得ることが
難しいです。

ですが優良店であれば正規の日本ロレックスと
何も遜色なく仕上げてくれるので心配はいりません。

優良店の見極め方は以下の3つの条件を
クリアしていることです。

  • 実績がある
  • 見積もりに定評がある
  • ロレックスの純正部品を取り扱っている

以上の3つの条件をひとつでも満たしていないと
危険です。

実績があればロレックスに精通しているスタッフを
常駐している可能性が高いので品質面において
安心できます。

見積もりについては時計を分解した際の工賃が
無料だとリスクを考える必要が無くなります。

見積もり書を受け取って高額だった場合に
キャンセルしても工賃を取られないのは
メリットとしては大きいです。

― まとめ

まとめるとオーバーホールを含めてベルトの
修理を依頼するなら正規の日本ロレックス。

予算面を考えてベルトのみの修理を依頼するなら
時計修理専門店を選ぶのが一番の最善策となります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ