ロレックスが落下してしまった際のガラス修理やガラス交換はどうする?

ロレックスが落下してしまいガラス修理が必要な場合の詳細について

  • 「ロレックスを購入したばかりの時はあれほど慎重に扱っていたのにうっかり落下させてしまいガラスにヒビが入ってしまった!!」

そんなうっかり屋さんのあなたのために
ガラス修理をしてくれる安心の修理業者(お店)をここではご紹介します。

ちょっとした不注意で大切なロレックスを落下させて
ガラスにヒビが入れてしまったとなるとショックが大きいと思います。
ですが、すぐに気持ちを取り戻して早急にガラス修理へ出されたほうが良いです。

故障してしまった時計はしばらく放置をしてしまいがちですが
ガラスのヒビということで防水機能が低下している可能性が高いです。

そうなると湿気が心配です。

湿気は時計の寿命を左右するサビの原因に直結するので
ガラスのヒビと聞いて想像すると背筋が凍ります。。。

さっそくガラス修理を依頼しよう!

ロレックスの場合は全国7箇所にある
正規の日本ロレックスサービスセンターへ
ガラス修理を依頼するのが一つの方法です。

ガラス修理という性質上、
正規の日本ロレックスに依頼したほうが
間違いなく純正部品なのは確実ですので安心できますからね。

また、それ以外にもロレックスの修理を専門としている
修理専門技師のお店に相談するのも良いでしょう。
日本ロレックスとはことなりますが、なにより
日本ロレックスより安く仕上げてくれることが多く
非常におすすめです。

修理とはいえロレックスですから、
見積もるとわかりますがかなりの費用は発生します。

すこしでも予算を抑えて修理を行い場合は、
専門技師がいるロレックスの修理専門店に
相談してみるのをおススメ致します。

⇒ 一流の技術で修理!時計修理の「千年堂」 詳細はコチラ

さっそくガラス修理をする場合は・・・

また、ガラスの交換は絶対なので
時計を落下させてしまった衝撃で
他の機器に不具合が生じているかもしれません。

なので落下させてしまった経緯をしっかり説明して
修理をしてもらうほうが良いでしょう。

尚、サービスセンターへの持ち込みが厳しい場合は
郵送でも修理は可能なので電話をして手配をしてもらってください。

ちなみに、百貨店などの販売店でもガラス修理の依頼は可能ですが、
別途で取次ぎ手数料として15000円ほど掛かってしまうためその分割高になってしまいます。
なお、郵送の手配の間は腕時計への湿気の影響が気になるので
密封できるコレクションケースなどの箱へ保管しておくと安心ですよ。

日本ロレックスのガラス修理の料金について

ガラス修理に掛かる料金についてですが
プラスチック製は3000円、最近のモデルのサファイアクリスタル製は20000円で
取付料金の3000円をプラスした合計が予算になります。

大切なロレックスが湿気によって寿命が短くならないよう
早急に修理依頼を出していただきたいなと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ