腕時計の傷やガラス傷など~ロレックスの場合~

腕時計の傷について、ロレックスだと傷つく覚悟ではめる?

こちらの記事ではロレックスの腕時計の傷についてご紹介していきます。

大切なロレックスの高級腕時計が何かしらの作業中に
壁などにぶつけて傷が付いてしまったら気持ちがかなり凹んでしまいます。

かといって家に飾って置き時計のような使い方をするのが良いのか?
と言われるとそれがベストではないような気もします。

ロレックスなどの高級腕時計の場合は
どういった気概で所持をしているのか?ということでも
使い方が変わってくると思っています。

例えばロレックスを資産としての価値とおいているのなら
普段から着用する必要性は感じられないかもしれませんし、
一生ものの腕時計として見ているなら
腕時計の傷も共に歩んできたという『印(しるし)』として
捉えることができると思うんです。

どちらにしても腕時計の傷は気になるのものなので、
もし傷が直るのであればどちらのケースでも
不安はなくなるかと思ったので腕時計の傷についての
修理に関する情報をいくつかピックアップしてみました。

修理・メンテナンスで腕時計の傷は直るのか?

少し気になる程度の細かな傷ならポリッシュや
外装仕上げなどの研磨作業でも十分に元のキレイな状態に戻ります。
中古として売るということを前提に考えている場合でも致命的ではないので安心です。

ですが逆に研磨でも消えない傷となれば査定額に大きく差が出るでしょう。
なので消えない傷については部品交換ということになります。

ブレスレットなどは交換可能ですがケースに大きな傷が付いた
場合だと新しいものに代える必要が出てきます。

風防の場合も同じで硬度の高いサファイアクリスタルの場合だと
ケースと同じくかなり割高になってしまいます。

中古品として売る時の注意点

通常の場合できるだけ高く査定してもらうために重要なポイントは
いかに新品に近い状態を維持することができるかどうかに掛かってきます。

逆にレアなものは購入した部品から遠くなればなるほど価値が下がっていきます。

また、修理・オーバーホールなどのメンテナンスを行う場合は
正規メーカーの日本ロレックスに依頼してください。

正規の修理・オーバーホールをしている腕時計であれば
中古店のほうも安心して販売することが出来ますので
修理をおこなった際は明細などしっかり保管しておきましょう。

正規で修理をしたという証拠が残っていると
高めに買い取ってくれるそうですのでね。

腕時計に傷を付ける行為は決して褒められるものではありません。

ですが修理、部品交換はその大切な腕時計が
ちゃんと愛情を持ってメンテナンスされてきた、
大切にされてきたという証明でもありますからね。

【ロレックスの修理ならこちら】
⇒ 一流の技術で修理!時計修理の「千年堂」 詳細はコチラ



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ