ロレックス バンド 修理 価格

MENU

ロレックスのバンド修理平均価格

◆バンド修理が必要な時とは
・調整用ではない固定された駒が外れている場合
・バックルの破損や金属疲労によるバンドの折れなど
・フラッシュフィットが外れている
・バックル折れの、ピン外れ
・ブレスレット駒ネジのゆるみや歪み、錆、折れ込みなど
・ブレスに深い傷がつき、へこんでしまっている

 

時計のバンドは衝撃や摩擦、錆によって腐食し外れてしまうことがありますが、
固定駒のバンド修理は基本的に接着剤程度の強度ではすぐに外れてしまいます。
そこで、ピンを加工して、接着剤を封入し修理をする必要があります。

 

バンド修理が必要な場合、ロレックス専用ではない時計修理店でも修理は可能です。
ですが、やはりロレックスを専門とするところのほうが
特注でのバンド修理依頼も可能ですし、本革製作まで承っているところもあります。

 

バンド修理はさほど高くないと思われがちですがやはりそこは高級ブランドだと
いえるでしょうか。ロレックスだからこその価格が設定されていますね。

 

日本ロレックスではベルト全体の仕上げを含み約15,000円で修理が可能。
ですが、一般の時計修理専門店でバンド修理を依頼するともっと安く依頼が出来ます。

一般の時計修理専門店では

【平均価格について】
主に一般の時計修理専門店ではバンド修理がオーバーホールや修理メニューと
セットになっていることが多く、中には別料金が必要のない場合も

 

持ち込みであれば、その場で修理してくれる可能性がありますし
たかだかバンド修理に時間もお金もかける必要のない一般の時計修理専門店はあります。

 

基本的な料金は「10,000円」というところが多く破損状態によって
必要なパーツが増えていくと45,000円など高額な修理費用が掛かってしまうことも。

 

本革への変更を受けているところも多く、特製の本革バンド作成を
10,000円という格安な値段で行っている一般の時計修理専門店もあります。

 

日本ロレックスよりはだいぶん安くバンド修理が出来るでしょうし
研磨や調整に関しての技術力も申し分ない出来です。

 

バンド修理の実績を写真で公開している時計修理店も多いので
公式サイトから確認してみると良いでしょう。

 

【最も安いところであれば】
バンド修理料金は安くて数千円で行って理宇ところもあります。
バンド洗浄も常時行ってくれますので、オーバーホールと共に依頼をしてみると良いでしょう。

 

また、バンドの駒追加に関しても格安で依頼をすることが出来るでしょう。
在庫があれば比較的低価格で対応してもらえますし、部品取り寄せとなっても
1万円以上かかることはないという時計修理店がほとんどです。

 

関連記事:竜頭の修理の場合

 

 

▲ロレックスの修理のことなら【ロレックス時計修理ドットコム】 TOPへ戻る

関連ページ

竜頭の修理の場合
ロレックスの竜頭修理相場価格を紹介します。ロレックスの竜頭修理を考えている方へ、【ロレックス時計修理.com】は最も低価格で依頼できるお店をお勧めします。ですが、ただ技術力が低く安いわけではなく、高品質かつリーズナブルな業者をご紹介します!
ガラス部分の修理の場合
「ロレックスのガラス部分が破損してしまった!」そんなトラブルが起こったときに、【ロレックス時計修理.com】はきっとお役に立てることでしょう。ロレックスガラス修理の価格相場をご紹介します。修理を考えている方は、低価格かつ高品質な時計店へ修理を依頼しましょう。
文字盤の修理の場合
ロレックスの文字盤修理を考えている方へ。【ロレックス時計修理.com】では、ロレックス文字盤修理の相場価格についてご紹介しています。最も、低価格で修理を行っているところは信用できないのか?信頼できる業者をご紹介しますので、安心して下さい。
アンティークモデルの修理の場合
ロレックスアンティークモデルが修理依頼できるお店では高額な費用を取られてしまう!?アンティークモデルの修理相場価格をご紹介しますので、「高額な費用を取られないように!」ロレックス修理を依頼する際に参考にして下さい。
偽物の修理は出来るのか?
【ロレックス時計修理.com】では偽物も修理可能かどうかを徹底調査!偽物でも修理依頼が出来る店舗を発見!?ロレックスの偽物修理は必ず断られてしまうのか?依頼できる時計修理専門電はここでした!