ロレックス 修理

MENU

【Q&A】ロレックスの修理でよくある質問記事一覧

ロレックスが故障してしまった場合、まず考えるべきは修理が必要かどうかそして、修理をする際に修理をしてくれる店はどこか?◆修理をする必要があるか?ロレックスは精密な構造でできています。精密機械なので異常も見逃さず事前に対処する必要があります。まず、落下や水気などの時計への侵入は必ず故障へと繋がります。精度のブレが大きくないのであれば修理の必要はありません。もし修理が必要だと自己判断出来た場合はすぐに...

ロレックスが故障してしまったらまず修理が必要かどうかを考えてみましょう。ロレックスは精密機械です。事前に故障を対処するのは至難の業そこで、落下や水没、破損など思い当たることがないのであれば今現在のロレックスが修理が必要な状態かどうかを目視検査、時間の測定などをして確認しましょう。この時に、事前に守って頂きたいことがあります。ロレックスの修理はプロの方にしかできません。自分で修理しようと思っても、パ...

【修理が必要な壊れ方】・リューズがねじ込めなくなってしまった・プッシュボタンが固くて、押すことが出来ない・リセットを押してもクロノグラフの針が元に戻らない・針が外れてしまっている・風防がガタついてきている・リューズが取れてしまって、日付や時刻を合すことが出来ない・ブレスレットが外れてしまってバラバラになってしまった・ケースやブレスレットに深いキズがついている・風防の内側が曇っている・内部からカタカ...

ロレックスを修理する時に、「正規代理店が良いのか?」という質問を寄せる方が多いように思います。私の結論から言えば、一般の時計修理専門店へ依頼するべきです。考え方は人によって様々でしょうが、まずは正規代理店のメリットやデメリットを考えていきましょう。【ロレックス修理を正規店へ依頼するメリット】・正規店では数百人の時計技師が働いている・製造を中止してからも30年以内のパーツはすべて揃っている・時計の分...

オーバーホールと修理の違いを知るにあたり、まずはオーバーホールとは?修理とは?それぞれどのようなことを指すのか?を学んでいきましょう。オーバーホールとはオーバーホールとは定期的に時計を分解し、点検や修理を行うこと。その際、すべて分解するため隅々まで洗浄や清掃、防水などの処置を施します。いわゆる車の車検のようなものです。車検は法律上、2年に1度必ずしなければいけないと定められていますね。ですが、時計...

「10年以上メンテナンスしていない」ロレックスを愛用して10年以上たつが、一度もメンテナンスをしたことはない。オーバーホールもなければ、修理へと出したこともありません。特にこれといった破損個所や故障も見つかっていませんから必要ないと思っています。「3年に1度は必ずしている」日本ロレックスへ3年に1度はオーバーホールを依頼しています。時期は特に決めていませんが、だいたい3年に1度程度です。そのおかげ...

ロレックスは頑丈に作られています。そこで、オーバーホールの目安時期だと言われている3年から4年を超えても新品時と変わらないほど優れた精度で愛用し続けている方もいます。あくまで3年から4年は”目安”ですから、必ずオーバーホールをする必要はありません。ですが、故障してしまう原因の1つに「定期的なメンテナンスを怠る」という理由が挙げられます。オーバーホールをしなければ、内部部品の劣化や油の劣化微妙なズレ...

いくら大切なロレックスだと言っても、簡単に数十万円のお金をかけることはできないでしょう?ロレックスの修理はたかが1つの部品を交換するだけでも数万円から数十万円かかってしまうことがあります。そこで、安い時計修理店を探される方が多いのですが、もし安い業者を探すのであれば、2つのことを意識して探してみて下さい。◆料金が安く、更に技術力の高い実績のある時計修理専門店◆安心できる業者であり、今後もオーバーホ...

◆購入店へ修理依頼をして・・・ある有名大手デパート(購入店)へロレックス修理の依頼をした方がまず、修理可能か問い合わせる際に要した期間が2週間見積もり連絡が来て見積もりの調整をするために要した期間が1週間そして、正式にメーカー正規代理店へと依頼して修理終了後、時計が返ってくるまでに要した期間が2か月。というような体験談がありました。合計すると約3か月もの間、時計修理依頼を出していたそうです。あまり...