オーバーホール 修理 違い

MENU

オーバーホールと修理の違い

オーバーホールと修理の違いを知るにあたり、まずはオーバーホールとは?修理とは?それぞれどのようなことを指すのか?を学んでいきましょう。

 

オーバーホールとは

オーバーホールとは定期的に時計を分解し、点検や修理を行うこと。その際、すべて分解するため隅々まで洗浄や清掃、防水などの処置を施します。いわゆる車の車検のようなものです。車検は法律上、2年に1度必ずしなければいけないと定められていますね。ですが、時計のオーバーホールは法律上定められていることではありません。そこでオーバーホールを行わない方も多いようですが、どれだけ調子が良くてもロレックスなら3年から4年に一度はオーバーホールを行うべきです。

どんな作業があるのか?

部品を隅々までキレイにするため、すべての部品を分解します。研磨作業や磨きもありますが、それは最終的な作業でありその間には様々な作業が組み込まれています。最も、機械式腕時計は必ず、古い油を除去して新しい油を入れるという必要不可欠なメンテナンスがあります。こういった作業も含まれていて、簡単にいえば時計全てを綺麗にする作業なのです。

修理が必要な状態のとき

オーバーホールを依頼していて修理が必要になるケースが多いでしょう。それは、「分解して初めてわかる故障が見つかる」可能性が高いから。目に見えて壊れているようであればすぐに修理依頼を出すでしょう。ですが、定期的なメンテナンスをしている方はそのたびにどこが悪くなっているか?もチェックしてもらいパーツ交換が必要な個所を修理してもらいます。オーバーホールと修理の違いとはそこです。パーツを交換するか?ネジのゆるみなどを調整するか?など。

 

あくまで基準となる修理はありませんから、オーバーホールへ出した際は壊れている個所があれば修理がセットでついてくるものだと考えましょう。オーバーホールを依頼して、万が一修理が必要な個所が見つかっても、修理を別途依頼しないという方はよくいます。パーツ交換が必要な場合は必ず見積もり時に連絡されますから安心してオーバーホールへ出しましょう。また、消耗したパーツのままロレックスを使い続けると将来的には修理が不可能な状態になるまで劣化してしまうでしょう。そこで、オーバーホールの際に修理をそのまま依頼する方が多いのです。出来るだけ定期的なオーバーホールを行い、大きな修理が必要となるまで劣化させないよう、大切に愛用していきたいですね。

 

【参考】
⇒ ロレックスのオーバーホールなら一流の時計技師が集う時計修理の専門店 「千年堂」へ



 

ロレックスの修理でよくある箇所は?

ロレックスの修理でよくある箇所を事前に知ることができればより良い状態で長く愛用することができます。また、修理によくある箇所がどのようにして引き起こされるのかという原因も分かれば防ぐことができますね。これからお伝えしていくロレックスの修理によくある箇所と原因、対策をしっかり把握していただきいつまでも良い状態をキープしていただけたらなと思います。

 

ロレックスの修理でよくある箇所

ロレックスの故障による症状としてもっとも多いのが「時計が止まる」状態です。時計が止まってしまう要因は様々ですが、そのほとんどが予防可能なのでしっかり覚えていってください。

 

潤滑油及び歯車の摩耗

ロレックスは精密な部品により構成されていますがしっかり駆動させるには潤滑油の存在が大きいです。潤滑油が乾燥して十分の量を満たしていない状態が続くと歯車が摩擦による熱により密接する部品に傷を付けてしまいます。そして、やがて時を止めてしまうことになるでしょう。原因の乾燥は防ぐ手段として有効なのが毎日使い続けることです。ずっと使わずに放置していると潤滑油が汚れと一緒に固まってしまい乾燥のスピードを一気に早めてしまうからです。対策としては3〜4年に1度の定期的なオーバーホールによるメンテナンスをしっかり行うことです。乾燥した状態でずっと使い続けると金属粉を周辺に撒き散らし、多くの部品の破損を招きやすくなってしまうので定期的に注油していつも良い状態を維持することが大切です。定期的にオーバーホールを行えば部品交換といった高い費用を払うことは無くなりますし長く愛用するためには必須です。

 

ゼンマイが切れてしまう

潤滑油が切れることによって時計が止まるのと同等に多いのがゼンマイ切れです。通常はリューズを回してゼンマイを巻く時に「カリカリ」と音が鳴りますがゼンマイが切れていると手応えの無い空回りが起こり動力源が失われてしまいます。原因は様々ですが特徴的な形状をしていていつも同じような箇所が切れるという特徴から構造的な問題にあるとされています。そのため数十年も切れない事もあればたった数ヶ月で切れるといった事もあるという対策が困難ななんとも不思議な性質を持っています。

 

パッキンの劣化

パッキンは時計の防水機能を正常に保つために不可欠な部品ですが劣化してしまうと内部に湿気や汚れを侵入させてしまうので時計の寿命に大きく影響を及ぼします。時計が雨や汗に触れる機会が多いとパッキンが劣化しやすくなるので使い終わった後は付いた水気をしっかり拭き取ってあげてください。なお、顔を洗うぐらいならいいですがいくら防水機能が優れているからといって入浴中も時計を付けたままというのはあまりおすすめしません。パッキンが劣化している状態のままだと水の侵入を許してしまいますし、何よりも湿気は時計の大敵なので長く愛用するためにもくれぐれもご注意ください。

 

 

主に内部の修理に関する内容をお伝えしましたがほかにも外部の風防やブレスレットの傷なども多い故障箇所です。これらは注意してお使いになれば全く問題ありませんが内部の故障については定期的なメンテナンスでないと対処が難しいというのが現状です。

 

ロレックスを長く愛用するために

ロレックスを長く愛用するために必要なことについてここではお伝えしていきます。大切なロレックスについて何も知識の無いままでいるとすぐに故障して動かなくなってしまいます。ロレックスをいつまでも良い状態を維持するために大切なことはいくつかありますのでこれから順を追って説明していきますね。

ロレックスの保管場所

ロレックスの耐久性は大変優れていますが精密機器なので電波にはめっぽう弱いです。ですので、スマホや携帯電話、パソコン、テレビの付近を保管場所に選ばないようにしてください。また、電波といえば電磁調理器は強力と言われているのでもし使われる場合は必ず腕から外して遠い場所に置いておきましょう。なお、時計が大きくズレだしたら磁気を帯びている状態にある可能性が高いです。修理店で磁気抜きをすることで簡単に直りますがそれ以外の精密機器にダメージを与えてしまうこともありえるので保管場所にはくれぐれも注意してくださいね。

ロレックスの保管方法

ロレックスの自動巻きにおいては「ワインディングマシーン」を活用すると有効な保管方法として成立します。ワインディングマシーンとは自動巻き時計用の保管ボックスで時計全体を回転またはスイングさせることによって時計内部の巻き上げローターを回転させることができます。腕時計はずっと稼働させると潤滑油の乾燥による部品の破損を防ぐことが有効とされているのでワインディングマシーンを使えば良い状態をずっとキープすることができます。また、今ではおしゃれなデザインのものが多く販売されていてインテリアとしても人気が高いです。とはいえ、毎日365日稼働させ続けるのは摩耗による損傷が心配なので普段付けない時にワインディングマシーンを活用する程度にしておくと良いでしょう。

定期的なメンテナンスの必要性

腕時計のメンテナンスといえば先ほどより上述してきた分解、洗浄、注油などによる「オーバーホール」が代表的です。一般的には3〜4年に1回のオーバーホールが必要とされていますが故障の症状が出たら修理に出せば大丈夫という意見もあり出すタイミングが難しいというのが正直なところではないでしょうか?電池を動力として稼働させる時計については電池が切れたタイミングでメンテナンスをすればいいかもしれませんが機械式の場合だとその機会はやってきません。

 

機械式の場合で故障と分かる症状として多い例が「時計が止まる」状態です。時計が止まるのはいつになるのかは使い方次第で変わってきますが、問題なのは止まってしまった時の各部品の劣化状態です。例えば5年以上もメンテナンスをせずに時計が止まってしまった場合の部品の状態はかなり深刻に受け止めたほうが良いです。というのも、時計が止まる原因の多くは潤滑油の乾燥によって部品が摩耗して引き起こすのですが破損した部品の相当数が交換対象になってしまうからです。私のロレックスの場合だと経験上では5年に1回のメンテナンスで8万円ほど費用が掛かりました。

 

結論としては周りの話を聞くと3年に1回だと3万円程度で済んだという事を良く耳にします。ですので、やはり一般的に言われる3〜4年に1回のメンテナンスが費用対効果としても長く愛用するにしても有効だということが言えると思います。つまり、メンテナンス期間が長くなれば長くなるほど時計に掛かる費用と寿命のリスクが高くなるということですね。

 

 

 

大切なロレックスの腕時計が止まってしまい部品交換が必要になる前に3〜4年に1回のオーバーホールを心掛けてみてはいかがでしょうか?

 

【参考】
⇒ ロレックスのオーバーホールなら一流の時計技師が集う時計修理の専門店 「千年堂」へ



 

 

 

 

▲ロレックスの修理のことなら【ロレックス時計修理ドットコム】 TOPへ戻る

 

関連ページ

どこで修理してもらえる?
ロレックスはどこで修理してもらえるのか?修理場所を探している方必見です。【ロレックス時計修理.com】ではロレックス修理に関する場所や店舗情報が満載です。お困りの方は是非ご活用ください。
修理する前に確認しておくことは?
ロレックスを修理する前にしておきたいことや確認しておくべきことなど。【ロレックス時計修理.com】ではロレックス修理の前に、事前に確認すべき点を紹介しています。修理トラブルに合うまえに必ず確認しておきましょう。
修理ができない場合はある?
ロレックスが修理できない場合とは?実はどんな修理店でも断られてしまう場合があります。安いからと時計修理専門店を選んでも、メーカーへと流される場合が。【ロレックス時計修理.com】でロレックス修理ができないケースをチェックしておきましょう。
正規代理店の修理が良い?
ロレックスの修理はメーカー正規代理店が良いのか?【ロレックス時計修理.com】では時計オーナーが満足できる修理をお勧めするために、時計修理専門店より正規代理店が良い理由、ダメな理由、どちらも紹介しています。
オーバーホールの時期(タイミング)はいつ?
ロレックスのオーバーホール時期やタイミングをご紹介します。【ロレックス時計修理.com】ではあなたのロレックスにぴったりのオーバーホール時期をアドバイス!タイミングをしっかりと見極めて、時計を長く愛用できるようにしておきたいですね。
ロレックスによくある故障と原因
ロレックスはど丈夫だといっても所詮は消費物です。【ロレックス時計修理.com】ではよくあるロレックスの故障トラブルを紹介しています。どういった故障があるのか?トラブルにしっかりと対処するためのノウハウを身に付けておきましょう。
安く・正確にロレックスの修理をしてくれるおすすめ店は?
ロレックスの修理が最も安く、正確に行ってくれる時計修理専門店は?【ロレックス時計修理.com】が最もおすすめする修理店はここです!あなたのロレックスを守るため、技術力の高い時計店をおすすめしたい!また、高額な修理を避けたいという方に修理が安い時計店をご紹介!
修理期間はどれくらいかかる?
ロレックスをメーカー修理店へ出すと1か月という期間がかかるという声も・・・時計修理専門店ではロレックス修理にどれくらいの期間がかかるのか?【ロレックス時計修理.com】では最短で修理ができる業者もご紹介しています。