長く愛用するために

MENU

腕時計を長く愛用するために必要なこと

◆長持ちさせる秘訣は考えるべき
私たちは毎日のように腕時計を活用していますが、あまり使用上に
中止したことはないのではないでしょうか?
時計はあくまでも機械です。思わぬ不具合が生じてしまうこともあるでしょうし
ロレックスの場合はその精密さからトラブルも多いことでしょう。
そこで、長持ちさせる秘訣は常に考えておくべきではないでしょうか?

 

◆裏蓋のシールについて
腕時計を長く愛用するためには、まず買った時から気をつけなければいけないことが
あります。それは、裏蓋のシールについて、です。
裏蓋についているシールですが、買ったらすぐに外してください。
裏蓋のシールは傷がつかないようにするためのものですが、シール自体が
腐食してサビが発生する原因となってしまいかねません。

 

◆磁気を意識して下さい
身に付けていたら起こる不具合もあれば、置いているだけで起こる不具合もあります。
まず、置き場所は注意するようにしてください。
磁気によって時計内部のモーターが正常に回転しなくなるなんてこともあります。
パソコンやテレビ、冷蔵庫、電子レンジなどの磁気が発生するであろう
場所には時計を置かないようにしましょう。

寿命が長くなる使い方

◆水気のある場所での使用は避ける
完全防水の時計も今ではたくさんありますが、やはり水気のある場所での
使用は控えて置いた方が、時計の寿命も長くなります。
水場で時計を付ける時は、必ずリユーズが締まっていることを確認してください。
でなければ、リユーズを通して内部に水が入ってしまう可能性があります。

 

◆手汗にも注意
生活防水時計は、濡れた手や汗をかいた時に使用すると水分が入り込みます。
温度差によって、風防内が曇ることも。
日防水時計でも汗はある程度防げるようになっていますが、
やはり手汗は一番、サビや腐食の原因となりかねませんから、注意しましょう。

 

◆運動をする際ははずそう
運動をすることは私たち人間の健康を守ることであり
私たちの寿命を延ばすことでもありますが、時計にとっては寿命が
縮まる思いをするような出来事ですよ。
例えば、ボールが時計に衝突してしまうなどのトラブルは時計にとって命取り
防水や振動への強さをウリにしていても、危ないことは避けるべきです。
急激な温度変化も時計にとってはダメージとなるので、注意しましょう。

 

 

 

▲ロレックスの修理のことなら【ロレックス時計修理ドットコム】 TOPへ戻る

関連ページ

腕時計の取り扱い注意点
腕時計を長持ちさせるには、取扱いに注意しなければいけないことがあります。腕時計をこの先何十年も使い続けたいのなら、今の扱いではダメなのかもしれません。取扱いに注意していますか?気を付けたいことのポイントをこちらでお伝えしております。
各パーツの名称と役割について
腕時計の各パーツの名称と共にその役割を紹介しています。腕時計オーナーとして全くパーツ名称を知らないというのは恥ずかしいですよ。出来るだけ最低限のパーツの役割は覚えて、故障トラブルのないよう扱っていきましょう。